忍者ブログ

etoile

詩について色々呟くブログです。 自作の詩を掲載する予定は今のところありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10

ノート終わり

一冊分、詩のノートが終わりました。

一昨日書いた詩は
自分について書いた詩でした。
昨日書いた詩は
故人や亡くなったペットのことを想い
書いた詩でした。
どちらの詩も、私がよく書く題材だな
って思いました。
出来が良いとは言えませんが
書いてて満足はしています。

昨日書いた詩は、
何故か一人称が「僕」になりました。
一人の男性になりきっていながらも
自分らしさがすごく出たので不思議です。

上記どちらの詩も
悲しい感じの内容だし、
もうちょっと削れたらなぁって
思いましたが、
しばらくこのままにしておきます。

明るい詩って書くの難しいなぁ。
書けないわけじゃないけど
悲しい詩のほうを量産してます。
PR

ワンパターン

三日ほど前に詩を書きました。
絵本のような内容です。
子ども向けと思われそうな
そういう詩です。
悲しい詩なので
こういうのばっか書いてるな
って自分でも呆れます。

ノートの白紙の枚数が
だいぶ少なくなってきました。
新しく使うノートは
もう既にあるので、
そのノート使うのが楽しみです。

あと、同県在住の詩人の方々の
詩集を少し読んでます。
私にとっては難解です。
私の書く詩が
いかに稚拙か分かります。
どうやったらあんな詩が
書けるんだろう?と思えます。

何事も着陸が難しい

2 ~3日前に書いた詩は
「空」に関する詩でした。
個人的に気に入ってはいるものの
出来は拙いと思えます。
詩の最終連に四苦八苦しました。
一応書き直したものの
これでいいのかよく分かりません。
もうちょっと時間を置いて
読み直すときに
書き直すかもしれません。

詩と向き合う

二日か三日前に書いた詩は
あまり納得のいかない詩になったので
今度はもっとまともに書けるよう精進します。

最近は詩も少しは読みますが
小説のほうを読んでることが多いです。

漠然と思うことですが
何事もセンスってものがある人は
うらやましいなって思います。
例えば塗り絵でいうと配色が上手いとか
詩でいうと言葉のチョイスが上手いとか
そういうセンスって先天的に
ある人とない人がいると思います。
私は後者だと思うので、
ひたすら努力するしか道はないのかな
って思ってます。

自分に伸びしろがあるのか分からないし
今以上詩を上手く書くことは
できないのでは?という悩みも
正直あるんですが、焦らずにじっくりと
詩と向き合うことにします。

昨日書いた詩と応募

昨日は、普段書かないような題材で
前向きな詩を書いてました。
私にしては珍しいことです。
多種多様な詩を書いていきたいです。
実体験をもとにして書きました。
日常の何気ないことですが、
そういうことを見落とさず、
詩として表現できるよう
感覚を研ぎ澄ませておきたいです。

あと、ネットで応募できる詩の募集があったので
さっき応募してきました。
過去書いたものをリメイクした短い詩です。
短い詩っていうのも私はあまり書かないので、
今後書けるようになりたいです。
HN:
内田 茉莉
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1986/04/27
自己紹介:
4歳の頃に谷川俊太郎さんの「みち 2」を読んでから
詩を書くようになりました。
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe