忍者ブログ

etoile

詩について色々呟くブログです。 自作の詩を掲載する予定は今のところありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

長い詩

長い詩を書きました。
小説のような、
絵本にでもなりそうな
よくわからん長文です。

過去から今までの心境を
表現したつもりです。
行き当たりばったりで書いた
(よくすること)ので、
自分でも「この先どうなるんだろう」
と、思いながら書いてました。
詩として出来が良いのか悪いのか
それもよく分からん詩らしき物ができました。

なるべく短い詩を書こうと心掛けてます。
でも、たまには長いのも挑戦していいかも
と、思ってます。

珍しく、昼間に書いた詩です。
それもあってか、
内容は一応ポジティブです(笑)
PR

時間

時間のことがテーマになってる詩を
数日前の夜、書いてました。
最初の2行が思い浮かんで
書き始めた詩だったんですが、
終わりになるにつれて重くなりました。

寝る前で、
睡眠薬もがっつり飲んだ後に
書き始めたため、眠気と戦いながら書いてました。
短い詩だったので、長期戦にならずに済みました。

私は、過去に何度も書いたことですが
できるだけポジティブな詩を書きたいと望んでます。
でも最近は重苦しいのばかり書いてる気がします。
無理して書いてもきっと納得のいかない物になると
分かってるので無理はしてません。

一時期、詩を書く頻度が
がくっと落ちたりしました。
それは私生活の影響が大きかったからです。
今はゆったりと月1ペースくらいで書いてます。
本当はもっとペース上げたいけど、
私には難しいようです。

創作記録

今月の9日に書いた詩は
すさまじく暗い詩になりました。
テーマがテーマなので、しょうがないのですが…。
前回書いた詩はぎりぎり救いのある終わり方だったのに
今回は救いのすの字も無い、ひたすら暗い詩です。

この詩、どこかへ応募できるのだろうか?
そんな変わりものの詩の賞なんて無いよなー
って思ってしまいます(笑)

私は相変わらず、詩の中で言葉の使い方が未熟です。
もっと自由に表現できたらなぁって
毎度思ってます。
つい、言葉を使うときに
ルールを作ってるというか、無難にしてるというか
突飛な発想が無いというか…
上手く言えないんですが、そういう感じなんで
そこを克服したいです。

次はどんな詩が書けるのか、
怖ろしいような楽しいような不思議な感覚です。

素敵な詩集

「だましてください 言葉やさしく」

↑の永瀬清子さんの詩集を読みました。
以前からうっすら知ってはいたんですが、
最近読んで、本当すごい詩を書かれるなぁって
感動しました。(気付くの遅い)

この「だましてください 言葉やさしく」
という詩、すごく共感しました。
人を褒めることの大切さを学んだ気がします。
有名な「あけがたにくる人よ」では
ほろ苦く切ない心情が丁寧な描写で綴られていて
流石、「現代詩の母」と呼ばれる方の作品だなぁ
と、感動しました。

永瀬さんの話から話題が変わりますが、
詩の上達のためには、詩の先生みたいな方の力が
必要なのかな?
自己流で学び、上達できるよう励むのもイイけど
それも限界があるのかな?
と、最近悩んでます。
でも、私は先生の言うことに納得いかなかったら
反発しそうだなぁ~とか、
先生と相性悪かったらヤバいなぁ~とか、
そんなことも思ってて、
「好きなときに好きな詩を書けばいい」
という一番楽な詩の作り方をしてます。

とりあえず、詩を沢山読むことが
まずは大事なのかな…。

昨夜は星にまつわる詩を書いてました。
全体的に悲しい内容になったものの
最後に救いがあるような感じにしました。
最近聴いてた音楽の影響が強いです。
あとは、日々生きていくだけで
いっぱいいっぱいな自分の内面が
強く反映された気がします。
辛い思いをしながらも
生きている人って、
少なくないと思うんで、
そういうことも思いつつ詩を書いてました。
出来は下手ですが、
書いていて充実した気分になりました。

…ただ、寝る前に書いていたため、
睡眠薬を追加しなければ寝れなくなるほど
脳が活性化されてしまったのが
我ながらアホだなと思いました。
HN:
内田 茉莉
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1986/04/27
自己紹介:
4歳の頃に谷川俊太郎さんの「みち 2」を読んでから
詩を書くようになりました。
(05/13)
(05/12)
(04/11)
(03/21)
(03/02)
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe