忍者ブログ

etoile

詩について色々呟くブログです。 自作の詩を掲載する予定は今のところありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

今日は推敲&題名決定

昨日書いた詩は、よく書くテーマでした。
でも、普段あんまり使わない固有名詞使いました。
ちょっとSFっぽいというか、
ファンタジックな感じというか、
上手く表現できませんが、
現実離れした発想だと私は思ってます。
個人的には気に入ってます。
内容が悲しいってところが
「またか」と、自分でも思います。
違うタイプの詩も書きたいと
今まで何遍も言ってますが
これがなかなか難しいです。
PR

自作の詩と本について

遅ればせながら、
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

二日前に書いた詩は、
障がい者と健常者についての、
なんだか重い詩になりました。
新年早々これかい!と、自分でも思いました。
最初の行が思い浮かんで、そのまま書いていたら
終わり方が予想以上に痛切な感じになりました。

あと、最近「中原中也のこころ」という本を
読んだのですが、難しいけど分かりやすかったです。
詩の解説や中原中也の人生とか絡めながら
色んな方が色んな視点で中原中也の詩について
熱く語っておられました。
「リズム」の大事さと、
詩を読んで、その情景が思い浮かぶことが重要
っていう文章があって、私もそれに共感しました。

そして、ホイットマンの詩……。
難解です。
私には難解過ぎて詩集全部は読めてません。
いつかまたチャレンジしたいですが、
この詩集を読破できる方、本当にすごいな
って、思いました。

今の心境の詩

今日書いた詩は、最近行ったライブの影響や
昔の友人のことなどを思い巡らせながら
書いた詩でした。
出来はともかく、今の私の心境が
かなりストレートに出ているなと思いました。
多分この詩が今年最後の詩です。
来年も詩を…自分の納得いくような詩を
書けるよう努めます。

反省と図書館の本

昨夜書いた詩は、
言葉が平易過ぎてなんだか薄っぺらいな
という印象です。
唯一褒める所があるとしたら
終わり方は良かったかな?
と、思ってます。

母が図書館で借りてきてくれた、
ホイットマンの詩集と中原中也の詩集、
がんばって読みたいです。
ホイットマンのほうは
パラパラめくっただけでも
文字数多いと分かって、
ちょっとビックリしました。

読みたい詩集…ホイットマン…

今回の記事は詩の感想ではないですが、
次回書きたいです。

近いうちに読んでおきたいな
と、思ってる詩集があります。
ホイットマンの詩集です。
「自由詩の父」と呼ばれているので
きっと詩も素晴らしいんだろうな
って、読む前から期待してしまいます。
私は日本人の詩集を読むことが多いのですが、
外国の詩集も読みたいです。
過去、ちらほら読みましたが
大した量じゃないし、読解力もないです。

現代は便利なもので、PCがあります。
詩の解説があれば、それに頼るときも
あるかもしれません。
あまり、解説に頼りすぎるのは良くない
と、思ってるので程々にしておきます。

ホイットマンの詩も、
私の心に栄養を与えてくれそうです。
それは今後の詩作にも繋がりそうです。
HN:
内田 茉莉
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1986/04/27
自己紹介:
4歳の頃に谷川俊太郎さんの「みち 2」を読んでから
詩を書くようになりました。
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe