忍者ブログ

etoile

詩について色々呟くブログです。 自作の詩を掲載する予定は今のところありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9

昨日書いた詩と応募

昨日は、普段書かないような題材で
前向きな詩を書いてました。
私にしては珍しいことです。
多種多様な詩を書いていきたいです。
実体験をもとにして書きました。
日常の何気ないことですが、
そういうことを見落とさず、
詩として表現できるよう
感覚を研ぎ澄ませておきたいです。

あと、ネットで応募できる詩の募集があったので
さっき応募してきました。
過去書いたものをリメイクした短い詩です。
短い詩っていうのも私はあまり書かないので、
今後書けるようになりたいです。
PR

大歓喜

第24回NHKハート展で、
私の詩の朗読の担当者様が、
なんと田中真弓さんだと知り、
ビックリ&嬉しいです!!
拙い詩なのに
「心に迫るものがある」という、
もったいない言葉を頂けて
恐縮です。
ひたすら恐縮です。
(ネット上にそんなコメントがありました)
ぜひ、その朗読を
会場で聴きたいですし、
COMIC HEADSさんの絵も
すごく見たいですし、
他の作品も
読んだり見たり聞いたりしたいです。
あと、作品集が欲しいなぁ…
って思ってます。
開会式参加できず、申し訳なかったです。

また鳥に関する詩

昨夜、寝る前に書いた詩は
またしても先月亡くした鳥のことを
詩にしました。
何故か男性の口調になりました。
同じテーマの詩ばかり書いてるので
違うのも書きたいんですが
詩のイメージが思い浮かばないので
なかなか思い通りにいきません。

昨夜作った詩

実際あった出来事を元に
詩を書きました。
最近読んだ本の影響も少しあります。
暗く長いし
出来は、うーん…イマイチです。
次回はもっと納得いく出来の詩を
書きたいです。

毎回、納得いく詩を書くのは
難しいってことは
分かってますが
チャレンジしていきたいです。
七転び八起き精神で。

書く力と読む力

昨日、母と花見に行ったとき
思い浮かんだ詩があって、
帰宅してからノートに書きました。
個人的には気に入ってる詩です。
客観的に見てどうなのかは
日を置いて読み直さないと
判断できないかもです。
自分の書いた詩の出来が
良いか悪いかの判断って難しいです。
出来が悪くても、思い入れが強いと
「この詩は出来が良い」と思い込んでしまうんで
そこらへんでいつも悩みます。
詩って、詩を書く力量もいるけど
審美眼っていうのかな…
そういう判断力もすごく大事ですね。
HN:
内田 茉莉
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1986/04/27
自己紹介:
4歳の頃に谷川俊太郎さんの「みち 2」を読んでから
詩を書くようになりました。
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe