忍者ブログ

etoile

詩について色々呟くブログです。 自作の詩を掲載する予定は今のところありません。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6

大歓喜

第24回NHKハート展で、
私の詩の朗読の担当者様が、
なんと田中真弓さんだと知り、
ビックリ&嬉しいです!!
拙い詩なのに
「心に迫るものがある」という、
もったいない言葉を頂けて
恐縮です。
ひたすら恐縮です。
(ネット上にそんなコメントがありました)
ぜひ、その朗読を
会場で聴きたいですし、
COMIC HEADSさんの絵も
すごく見たいですし、
他の作品も
読んだり見たり聞いたりしたいです。
あと、作品集が欲しいなぁ…
って思ってます。
開会式参加できず、申し訳なかったです。
PR

中原中也記念館について

昨日、中原中也記念館へ行ってました。
直筆の原稿とか来館者のメッセージとか
関連書籍とか写真とか色々あって、
行って良かったって思えました。
建物も、スタイリッシュで格好良かったです。

ぶっちゃけ中原中也の詩って
難しいので、がっつり読んでませんでした。
ダダイズムとかもう何が何だか…って感じで。
ぼんやりと「サーカス」って詩が好きだなぁ
って思ってます。

時間があまり無かったので、
じっくり堪能できなかったけど
後悔はありません。
改めて、中原中也の詩を読みたいな
って思いました。

詩集を読んでます

最近、新川和江さんや、柴田トヨさんの詩集を
読んでました。
比較的分かりやすい詩(と言うのは失礼?)が多く、
私は良いなぁって思いました。
新川さんの洒落た恋愛詩、格好良いです。
柴田さんの年を重ねた人にしか書けないような
温かで豊かな詩も素敵です。
まともな感想が書けてないのが情けない(-_-;)

詩は、書きたいなってテーマの詩がありながらも
まだ形になってません。
待つしかないなぁ…。

今度は、またしても金子みすゞさんの詩集や
杉山平一さんの詩集を読む予定です。

読書感想文

黒田三郎さんの「詩の作り方」という本を読みました。
ざっくり言うと

☆詩を書くためには、詩をたくさん読むことが大事
☆自己満足で詩を書くのもいいけど、
 他者からの共感を得たいのなら
 それを意識して詩を書くこと
☆詩の作者は自作に対して客観的に評価することが難しい
 (自分の思い入れとかがあるから)

…と、いうようなことが、
詳しく書かれてありました。
もっと色々なことについて書いてありますが、
私の印象に残った部分だけここに記しておきます。

昭和44年に発行された本です。結構前ですね。
でも、決して古くさい内容ではないと
私は思います。

でも、黒田さんはどうやら
「漫画・アニメ」に対して批判的なので
(時代とか考えると尚更無理も無いかもですが)
私は、その部分だけが共感できない感じです。
私は漫画・アニメ等も好きです。
そういうのは低俗だっていう意見は
よく耳にしますが、私はそうは思いません。

一部、反論してますが
この本は本当に良い本だと思いました。
「詩ってどうやったら上達するんだろ?」
と、悩んでいた私に
「もっと色々な詩を読めばいい」
と、励ましてくれるような、そんな本です。

黒田さんの優しく穏やかで鋭い性格が、
本からにじみ出ています。
人柄は文章にも出るんだな、と改めて思いました。

最近読んだ本

やさしい現代詩
を、最近読みました。
母が私用に借りてきてくれた本です。
「やさしくない!難しい!」
っていう感想がまっさきに思い浮かびました(笑)
いや、ホント現代詩って
自分が書けないので、作者が何を伝えたいのか
分からないことが多々あります。

でも、具体的にどこがどう良いって
上手く説明できないんですが
そういう自分の心に響く詩ばかりでした。
私も同じように、言葉を職人のように選び、
自分の思い描くように自由自在に
詩が書けたらなぁって憧れます。

人生経験と語彙力と体力が
まだ足りんとはっきり思わされました。
学力も無いので、これも努力がいりますね(^_^;)
HN:
内田 茉莉
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1986/04/27
自己紹介:
4歳の頃に谷川俊太郎さんの「みち 2」を読んでから
詩を書くようになりました。
P R
忍者ブログ [PR]
Template by repe